歯科の新しい常識

歯科について学びませんか

歯科で用いられる被せ物について

歯科ではたびたび被せ物が使われます。その使い道は主に虫歯で歯を削った時に使用されます。進行した虫歯の時に使われることが多いです。金属製のものとセラミックのものがあり、それぞれ値段が違います。金属製のものが比較的安価で歯の色に近い白いセラモックのものは高めになっています。金属のものは歯茎が下がると金属のラインが見えることがあります。歯科では、患者と相談しどちらの方がよりその人とのライフスタイルに合っているか考えてくれます。また本人の強い希望によりどちらかが選択されます。詰め物が出来ない進行した虫歯には最適なものです。

歯の被せ物が外れた時について

歯の被せ物が突然取れてしまって、困ってしまったという経験もされた方も多いでしょう。被せて何年も経っているので、同じ歯科に通えないという方もいます。被せ物がとれた場合には、基本的に、どこの歯医者でも対応してくれます。大事なことは、ほかの医院で詰めてもらったものだからといって、そのまま自宅に置かずに、持っていくことが大事です。よほど虫歯が大きくなっていたり、歯の根本的な治療が必要でない限りは、そのままとれたものを、専用のセメントでつけてもらうことが可能な場合も多いです。外れた場合には、早めに歯科医院に持っていき、治してもらうことが大切です。

↑PAGE TOP